デオドラント効果のある汗の拭き取りシート

脇の臭いの原因となるものは、脇にあるエクリン腺とアポクリン腺から分泌される汗です。分泌されるものによって、それぞれ性質に違いがありますが、それらに対して対策を取ることで、脇の臭いを軽減することが出来ます。脇の臭いを抑えるための対策の基本です。

 

汗そのものには、臭いがありません。汗が臭いを発するようになるのは、皮膚上にいる常在菌が、分泌された汗や皮脂などを分解することが原因となっています。

 

つまり、常在菌が汗や皮脂などを分解する前に、汗を拭き取るなどして、脇を清潔に保つようにすると、脇の臭いを軽減することが出来ます。

 

タオルで拭き取る方法のほかに、デオドラント効果のある汗の拭き取りシートなども市販されているので、このようなものを使用するのも良いでしょう。

 

汗が衣類に染み込むと、衣類上で常在菌が繁殖して、そこで汗が分解されます。

 

衣類に染み込んだ汗の量が多いほど臭いも強くなるため、早めに着替えるようにすると良いでしょう。特に、脇は汗をかきやすい箇所である上に、衣類でムレやすい箇所でもあります。

 

衣類のムレは、菌の繁殖を促すため、早めに衣類を着替える必要があります。汗をかく季節などは、着替えを用意しておくことで、汗をかいた後の臭いを軽減することが出来ます。

 

汗をかきやすい箇所は、身体のいたるところにあります。

 

臭いの直接的な原因となるものは常在菌であるため、衣服を身につけている部分がムレて菌が繁殖しやすく、臭いを発しやすくなります。

 

汗をかく季節や、汗をかきやすい体質の方は、出来るだけ通気性の良い衣類を着ることで、ムレを防ぐことが出来るので、脇の臭いを軽減することが出来ます。